製造請負について

 経済のグローバル化が進むにうれ、市場環境の不確実性は日々増している状態です。多様化が進む消費者ニーズに対応するためには、新規商品の開発とともに、製造にかかわるコスト削減などの企業戦略が欠かせません。

 アウトソーシング(外部委託)とは、「外部から経営に必要な資源を調達する」ことを指す言葉です。自社リソースを根幹業務に集中し、製造工程や経理、給与計算など各種業務など各種業務をアウトソーシングすることで、企業の持つ競争力をより高めることができます。近年、企業では収益性を確保するために、経営資源の選択と集中が行われています。アウトソーシングは、コスト削減と業務効率化に大きく寄与し、収益力向上につながる経営戦略です。

アウトソーシング
【 業務を外部へ一元的に委託 】
特徴 業務そのものを調達
対価が発生する対象 業務の遂行、成果物の納品
業務の支持 アウトソーシング会社
スタッフの雇用契約 アウトソーシング会社との契約
 アウトソーシングと人材派遣の大きな違いは、アウトソーシングが「業務そのもの」を外部から調達することにあります。業務を一元的に委託するため、アウトソーシングにおいてスタッフの労働管理・業務への支持などは必要ありません。アウトソーシングをする側は、成果物を研修するだけでよく、業務を大幅に効率化することが可能です。
人材派遣
【 人材を外部から調達する 】
特徴 人的資源を調達
対価が発生する対象 自社での労働
業務の支持 自社
スタッフの雇用契約 人材派遣会社との契約
 人材派遣では、「人的資源」を調達します。業務の支持は自社で行われ、自社で就業してもらう時間帯を指定することも可能です。人的資源が足りない部門へピンポイントに供給できるため、人材不足の解消を迅速に行うことができます。

関連するページ

TOP